ワンちゃんの皮膚異常とは|ティーカッププードルを飼う心得|安易な考えはダメ
ペット

ティーカッププードルを飼う心得|安易な考えはダメ

ワンちゃんの皮膚異常とは

犬

犬がかかる皮膚病の中で最も罹患率が高いのは、膿皮症です。皮膚病は悪い菌や蒸れ・湿気・カビなどで起きると思われていますが、常に皮膚上に存在している菌でもなることがあります。その代表的な皮膚病が膿皮症で、免疫力が低下した時に起こりやすくなります。膿皮症になると、全身の中で比較的に皮が薄い部分(脇や目の周囲など)に赤みのある湿疹が出ます。痒みがあるので、掻きむしりによる炎症や流血が起きることもあります。一緒にいる時は常に様子を観察して、痒そうにしていたら皮膚や被毛をチェックします。異常を発見したら、早めに獣医さんに見てもらうことをおすすめします。犬の免疫力低下は、人間と同じように栄養の偏り・ストレス・加齢により生じます。犬の場合はストレスの影響も大きいので、運動・コミュニケーション・スキンシップを意識的に行って信頼関係を築き、安心させることも大切です。

悪い菌やカビ以外にも、ダニなどの寄生虫により皮膚病も多いことが特徴です。人間と同じ原因で似た症状を起こすことが多いので、人間に移る可能性がある皮膚病や寄生虫も存在します。罹患率が高い膿皮症は移りませんが、痒さや痛痒さが続くとストレスになるので早めに病院へ行くと良いです。カビによって犬がなる皮膚病の中で、最も罹患率が高いのは皮膚糸状菌症です。ふけの大量発生や円形脱毛症といった症状が特徴ですが、痒みが少ないので身近でチェックしないと気付かないことがあります。治すためには清潔に保つことが第一で、シャンプーや薬ではカビに効果のあるものを用います。寄生虫による皮膚病ではダニが原因であることが多く、ダニの種類により目に見える症状は異なりますが痒みが出て他の犬に移りやすいことが特徴です。菌や寄生虫以外では、アレルギーが原因になることもあります。アレルギーでは人間でも罹患率が増えているアレルギー性皮膚炎が代表的で、食物・ハウスダスト・花粉など特定のもので反応を起こします。