犬と猫

ティーカッププードルを飼う心得|安易な考えはダメ

ワンちゃんの皮膚異常とは

犬

犬の皮膚病は人間がかかる皮膚病と同じような原因や症状であることが多く、免疫力低下・ダニなどの寄生虫・アレルギー反応が主な原因となっています。人間と同様に清潔にすることも大事ですが、犬の不調を察知して治療を試みるのは飼い主さんの役割なので、毎日様子をチェックして異常がないかを確認することが大切です。

もっと読む

子犬を販売しているお店

ペット

店頭販売で子犬販売をしているペットショップの需要増加は、近年日本でペットブームが起きていることが関係しています。また購入時にペットショップの店員から飼育に関することを聞けるため、購入だけでなく情報収集もできます。

もっと読む

動物の専門家

女性と犬

ブリーダーとは個々に合わせた交配相手を選んで出産し、繁殖することで動物を世に送り出している人たちのことをいいます。中には悪質なブリーダーもいますが、大体は専門的な知識を持ち合わせ、親や子のことを第一に考えています。ブリーダーはかわいいペットを飼うために必要な存在です。

もっと読む

かわいい犬種が人気

プードル

小さくて仔犬ぽい姿

犬を飼いたいと思うと、いろいろな犬種があるので悩んでしまいますが、その中で人気があるのがティーカッププードルです。プードルには大きさによって分類がされていますが、なかでも大きさ20cm以下体重1-2kg程度の小さいサイズをティーカッププードルと呼んでいます。プードルは全犬種で人気トップなのですが、ティーカッププードルが人気なのは、名前の通り、ティーカップに入ってしまうほどのぬいぐるみのような感じですから、とても愛らしく感じられて世界中で人気の的になっています。また、その小ささのため、ペット可のマンションであれば小さい部屋でも飼うことができますので、犬を飼うことを諦めていた人も飼うことができるというのも人気が出やすい要因ではないでしょうか。

気になるところは

ティーカッププードルは元がプードルですので、そのままの特徴が現れています。知能が高い犬種で、人懐っこい面があり、躾に従順なところがあります。とはいえ、小さいため神経質で臆病な点がありますので、あまり高低差があるような遊び場や家具などを置かないように注意しましょう。また、手入れがしやすいのもティーカッププードルに見られる点で、抜け毛が多くなく、体臭があまり感じられないというのがあります。名前の通りではありますが、成長しても大きくならないというのもあります。従って、骨がもろく骨折をしやすいということがありますので、クッションやマットを敷いてあげて高いところに登らせないようにしないように注意する必要があります。